ウェディングフォトを安く済ませる5つの方法とは?

前撮り安く済ませる5つの方法とは?

ウェディングフォトを安く撮りたい」

「ウェディングフォトにかけられる予算が少ない」

 

「でも、満足のいくウェディングフォトにしたい!」

 

なるべく安くウェディングフォトを撮りたいけど、満足のいく撮影がしたいと考える花嫁さんは多いはず。

ウェディングフォトは一生に一度の記念の写真です。

 

この記事は、ウェディングフォトを安く撮影する方法を探している方へ向けた記事です。

最後まで読めば、ウェディングフォトを安く撮影するポイントが分かりますよ!

 

ウェディングフォトを検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

  • 1.ウェディングフォトを安くすませる5つの方法
  • 2.ウェディングフォトを安くするために!気をつけたい3つのポイント
  • 3.ウェディングフォト会社を利用しないと安く撮影できる?
  • 4.安くても満足のいくウェディングフォトは撮影できる!

 

 

目次

1.ウェディングフォトを安くすませる5つの方法

ウェディングフォトを安く

 

ウェディングフォトを安くすませるには、いくつかの方法があります。

ここでは5つの方法についてご紹介します!

 

1.平日に撮影する

2.基本料金が充実した会社を選ぶ

3.衣装は持ち込みのものにする

4.ロケーションでなくスタジオを選ぶ

5.ウェディングフォト会社のキャンペーンを利用する

 

 

1.平日に撮影する

ウェディングフォトを土日に撮影したいと考える方も多いでしょう。

 

しかし、土日の撮影は「土日祝日料金」が追加で発生します。

追加料金の相場は、ウェディング会社によって異なりますが1.5万円〜3万円程度です。

 

少しでも安く撮影したいと考えるなら、追加料金のない平日の撮影がおすすめですね!

 

 

2.基本料金が充実した会社を選ぶ 

基本料金とは、ウェディングフォトが撮影できる最低料金です。

つまり、追加料金の発生しない内容であれば基本料金のみでウェディングフォトの撮影が可能です。

 

しかし、基本料金に含まれる内容は会社によってバラバラです。

基本料金が安くても、基本料金の中に含まれる内容に不足があれば追加料金が発生します。

 

つまり、基本料金が多少高くても、内容が充実していれば、プラス料金がかからず満足のいく撮影できるということ。

 

ウェディングフォト会社を選ぶときは、基本料金の「価格」と「内容」を比較するのがおすすめです。

 

 

3.衣装や小物は持ち込みのものにする

ウェディングフォトで予算オーバーのなりがちなのが、ドレスやタキシード

「少しでも安く撮影したいけど、衣装にはこだわりたい」と考える方も多いでしょう。

 

そんな花嫁さんにおすすめなのが、衣装や小物を「持ち込み」にする方法です。

和装は自分で用意するのが難しい衣装ですが、ドレスは中古のドレスを自身で購入した方が安く済ませる場合もあります。

 

ただし、ドレスなどの衣装は「持ち込み料」が必要な会社もあるので注意が必要です!

 

持ち込み料が必要な場合は、

①「ドレスの購入代+ドレス持ち込み料金」

②「ドレスのランクアップ料金」

 

①と②の料金を見比べるとわかりやすいでしょう。

 

ドレス以外にも、ブーケやベール、靴やアクセサリーなど、プラス料金がかかるものは自分で用意すると比較的安くウェディングフォトを撮影できます。

 

 

4.ロケーションでなくスタジオを選ぶ

 ウェディングフォトをなるべく安く撮影したいなら、ロケーション撮影でなく、「スタジオ撮影」選択するものおすすめです。

 

ウェディングフォト会社の料金表から、スタジオとロケーションの価格を比べると、スタジオ撮影の方が料金が低いことが分かります。

 

・スタジオ撮影のみの場合

【和装】:約9万円

【洋装】:約8万円

【和装と洋装】:約15万円

 

・ロケーション撮影のみの場合

【和装】:約12万円

【洋装】:約11万円

【和装と洋装】:約21万円

 

「予算はないけど、ウェディングフォトは撮りたい」と考えるのであれば、スタジオ撮影を選択した方が安く撮影が可能です。

 

スタジオ写真はカチッとした雰囲気を連想されがちですが、動きのある写真や、壁紙を生かしたナチュラルな写真を撮影できるスタジオも増えてきています。

 

好みのスタジオが見つかれば、「あえてスタジオを選ぶ」という選択肢もおすすめですよ!

 

 

5.ウェディングフォト会社のキャンペーンを利用する 

ウェディングフォト会社は季節によって「割引キャンペーン」があります。

とくに、夏場や冬場は撮影する方が少なくなるため、キャンペーンを提示する会社が多いです。

 

少しでも安く撮影したいなら、キャンペーン中の会社はないか、ホームページやSNS、電話問い合わせでリサーチしましょう!

 

 

2.ウェディングフォトを安くするために!気をつけたい3つのポイント

ウェディングフォトを安くするために!気をつけたい3つのポイント

ここまで、ウェディングフォトを安く撮影する5つの方法について紹介しました。

ウェディングフォトは方法次第で、安くすませることが可能です。

 

ただし、安く撮影するためには3つのポイントを意識する必要があります。

 

1.予算を決めてから行動する

2.基本料金の仕組みを理解する

3.優先順位をつける

 

ここでは、それぞれのポイントと気をつけるべき理由を解説します。

 

 

1.予算を決めてから行動する

1つ目のポイントは、いくらまでならお金を出せるのか「予算」を明確にすることです。

 

明確に予算を決めずに行動すると「少しくらいなら…」と追加料金に手を出しがち。

予算が明確になると、どの会社に撮影をお願いするか選び方の基準にも活用できます。

 

また、申し込みの際に、希望の予算内に抑えたい旨をプランナーに相談するものおすすめ!

料金の範囲内で、可能なプランや衣装を提案してくれるはずですよ。

 

 

2.基本料金の仕組みを理解する

2つ目のポイントは、「基本料金」の仕組みを理解することです。

基本料金の仕組みを理解しないと、ウェディングフォトを安く撮影できない可能性があるからです。

 

ウェディングフォトの料金を調べると「格安」と基本料金を提示する会社も存在します。

もちろん基本料金が安ければ、安価で撮影することも可能でしょう。

 

しかし、大切なのは基本料金に含まれる「内容」です。

 

例えば、

①「基本料金1万円」でスタジオ撮影ができるプランがあるとします。

 

この基本料金に含まれる内容は、

・1時間の撮影代金

・ヘアメイク代

・基本プランの衣装代

です。

 

ただし、撮影データが必要の場合は「プラスで5万円」必要になります。

 

つまり、このウェディングフォトは、

基本料金1万円+データ代5万円=合計金額6万円で撮影が可能なプランです。

 

次に、

②「基本料金5万円」でスタジオ撮影できるプランをみていきましょう。

 

この基本料金に含まれる内容は、

・1時間の撮影代金

・ヘアメイク代

・基本プランの衣装代

・基本プランの小物

・撮影データ

です。

 

基本料金は5万円ですが、追加料金が必要なければ撮影データも「5万円」で受け取れるプランです。

 

①のプランは、基本料金は安いけど、データを買うのにプラス料金が発生する。

②のプランは、基本料金は①よりも高いけど、追加料金が必要ない。

 

つまり、基本料金で大切なのは、金額でなく「内容」ということです。

ウェディングフォトを安く撮影したいなら、基本料金の仕組みを理解する必要があるでしょう。

 

 

3.ウェディングフォトで譲れないものを決める

3つ目のポイントは、新郎新婦の2人がウェディングフォトで「譲れないもの」を決めること。

もちろんウェディングフォトを「安さ」で選ぶことも重要です。

しかし、料金にこだわりすぎると、あとで後悔が残ることも。

 

安くても満足のいくウェディングフォトにするには、2人で事前に話し合って譲れないものを決めてください。

 

もしも「衣装」が譲れないポイントであれば、衣装以外の項目を安くできるプランを探せます。

絶対に譲れないものを決めておくと、安くても満足のいくウェディングフォトが撮影できますよ!

後悔がないよう、たっぷり時間をかけ納得のいくプランを見つけてください。

 

 

3.ウェディングフォト会社を利用しないと安く撮影できる?

ウェディングフォト会社を利用しないと安く撮影できる?

 近年、ウェディングフォト会社を利用せず、SNSを活用しウェディングフォトを撮影するカップルも増えてきました

 

ウェディングフォト会社を利用しない場合は

 

・カメラマン

・ヘアメイクスタッフ

・ドレスやタキシードの衣装

・当日のお支度部屋

・移動や撮影地の申請

 

ウェディングフォトに必要な準備は、全て自分で手配する必要があります。

準備に時間を要しますが、自分で手配を済ませると比較的安く撮影できる可能性も。

 

ただし、個人手配は撮影当日も新郎新婦が主体となり撮影を進めなくてはいけません。

 

いくら安く撮影できても

 

・手配や準備に時間をかけられない

・当日は撮影に集中したい

 

と考える方には、個人での手配はおすすめできません。

 

安さにこだわるのか、自分たちのウェディングフォトで最も優先すべき点は何か、お二人で事前に話あうことがおすすめです。

 

 

4.安くても満足のいくウェディングフォトは撮影できる!

安くても満足のいくウェディングフォトは撮影できる!

ウェディングフォトを安く撮影する方法についてご紹介しました。

ウェディングフォトはポイントを絞って予算を削れば、比較的安く撮影することが可能です。

 

ただし、安さにこだわりすぎると、満足のいく撮影にならない可能性があります。

大切なのは、お二人がウェディングフォトで「譲れないポイント」を決めること。

 

譲れないポイントが決まれば、予算を削れる項目が明確になりますよ!

安くても満足のいくウェディングフォトを撮影するために、ぜひお二人で譲れないポイントについて話し合ってみてくださいね。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる