関東を中心にした写真・動画撮影会社 株式会社realuc blog

ブログ・お知らせ

結婚式は派手じゃないとだめ?品質にこだわる地味婚はいかがですか?

結婚式は派手じゃないとだめ?品質にこだわる地味婚はいかがですか?

品質にこだわる地味婚はいかがですか?

インターネットの検索エンジンで「結婚式」といれると「派手婚」と出てくるほど多くの花嫁さんたちが気にしている結婚式の内容。
派手にするのはいいけれど予算が気になる。。。

 

「でも両親・ゲストを喜ばせる演出をしたい!思い出に残る結婚式にしたい!」

 

一生に一回の事だからこそ、後悔のない選択をしたいとたくさん迷ってしまいますよね。
そんな時に一度候補に入れていただきたいのが、同じ予算でも品質にこだわってシンプルだけど思い出に残る結婚式です。

最近は晩婚化や経済的事情で結婚式をあげないカップルも増えてきています。

そんなカップルにお勧めしたいのが地味婚です。
派手な演出やドレスなどの費用を抑えて自分たちの予算内でゆったりと、しかし質の高い結婚式を行うというはいかがですか?

 

 

目次

1.地味婚のメリット・デメリット

2.費用を抑えすぎて後悔しちゃったエピソード

3.地味婚だから作れる素敵な結婚式!

4.結婚式をあげる際に忘れがちなこと

5.まとめ

 

 

1.地味婚のメリット・デメリット

まずは地味婚のメリットとデメリットについてお話しいたしますね。

 

地味婚のメリット

費用を抑えた上で品質の高い思い出に残る結婚式ができること。
全体的なコストを下げて、ゲストも親族と友達数人にすることであなたが希望するポイントに予算の重点を置くということが可能です。
こぢんまりとしてゲストがゆっくりと歓談を楽しめる結婚式は素敵ですよ。

 

地味婚のデメリット

サプライズなどをしない分、印象に残りにくいというのと品質を高くするために考えなくてはいけないことや時間が通常の結婚式よりも多いという点です。
ほかにも予算の重点を置くポイントを間違えてしまうと後悔する結婚式になってしまうこともあります。

 

 

2.費用を抑えすぎて後悔しちゃったエピソード

地味婚での失敗エピソードをご紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてください。

・予算を抑えるためにエステをやめたところ、エステのお金を他に回したもののムダ毛処理の甘さが写真や動画に残ってしまったりドレスのラインが綺麗に決まらなかったりした。

・地味婚を選んだものの義両親が納得いかず未だに「結婚式は派手な方が良かったわ」と言われる。

・自己紹介動画や撮影を友人に頼んだが、自己紹介動画は設定が分かっておらず、プロジェクターに映すことができずに挙式の10分前まで揉め、後日もらった動画もアングルや音声がひどかった。

・費用を抑えすぎてゲストの食事が安くなってしまったし、演出も何も考えてなかったから途中から中だるみをしてしまった。

・費用を浮かせるためにハンドメイド品を友達に頼みすぎて少し距離ができてしまった。

1回の結婚式で今までに積み上げてきた関係にヒビを入れてしまうケースもあります。
だからこそ費用をかけるポイントに注意が必要です。

逆を言えばそこさえ間違えなければ予算を抑えて派手な演出がなくても楽しめる結婚式を作ることができます!

 

 

3.地味婚だから作れる素敵な結婚式!

地味婚だから作れる素敵な結婚式!

失敗談から学ぶ地味婚を成功させるポイントをご紹介いたします。

 

「こちらに重点をおくならこっちは予算を浮かそう」と考えながら読んでいただけたら幸いです

 

 

・食事

ここに重点を置くなら食事を全体的にワンランク高いものにすることもいいですが、オススメなのはドリンクです。
アルコールはもちろんですがアルコールが苦手な方にモクテル(ノンアルコールのカクテル)、お子様向けのジュースも濃縮度の高いもの、コーヒー、紅茶も通常よりも少し品質の良いものを選ぶと一緒に食べるお食事の満足度が上がります。

また食事内容も一品は結婚式を行った土地の名産品や両家の故郷の味を盛り込み、この一品だけは力を入れようと決めるとゲストの満足度もぐんと上がります。

 

・ドレス

ドレスの予算を考えるときはセットでエステや脱毛サロンの金額も考えておくことが重要です。
失敗談にもありましたが、美容費用を抑えるためにエステを削ったところ「当日着用してみたら大惨事に……」という失敗をしないためにもドレスのデザインと自分の体型を照らし合わせて、さらに美容にかかる予算を計算した上で一番納得がいくものに決めることがオススメです。

またドレスも何着も着用するよりは、ポイントを押さえてウェディングドレスと和装だけやウェディングドレスとドレス1着にするなどして、その1着1着をこだわったものにすると、新婦がお色直しでいない時間を減らすこともできるのでゲストへのサービスにもつながります。

 

・動画/写真

失敗談にもありましたが、素人がやろうとすると大変なのが動画と写真です。
最近は無料で使えるソフトや手軽な金額で買えるソフトもあり趣味で動画編集をやっている方もいらっしゃいますが、やはりプロの手にかかると大きな差が出てきます。
一生に一回の思い出ですから安いプランでも大丈夫なのでプロに任せることをオススメいたします。

ここに重点を置くならプロフィール紹介から2次回までついてきてくれるサービスもあります。
将来、ご家族で見直したい!という方にはオススメです。

 

・演出

ここに重点を置くなら、芸能人にお祝いメッセージや直接会場に来てもらったり、パフォーマーを呼んだりできます。
すこし予算を浮かすのであれば時間をかけてウェルカムボードやリングピローをハンドメイドにして特別感を演出したり、ウェディングケーキを本の形にしてチョコペンでゲストに名前を書いてもらうゲスト参加型にしたりすることで予算を抑えつつ、思い出に残る演出ができます。

お手頃で印象に残る演出としては、ケーキバイトの際に新郎から新婦へは普通のテイスティングにし、新婦から新郎へのテイスティングの際に顔ぐらいあるスプーンやしゃもじなどを使い新郎に食べさせて、新郎の顔についたケーキを新婦が拭き取ってあげる。という一連の流れをおこなうと笑ってしまうし、新婦の優しさにゲストもほっこりとしてしまいます。

こういった些細な演出を盛り込むことで派手に演出しなくても印象に残る結婚式にすることができます。

 

・挙式会場

挙式会場は地味婚で使うならハウスウェディングまたは高級ホテルの小さなお部屋のどちらかがオススメです。
小さなお部屋で高級感あふれるこじんまりとした結婚式というのもいいですし、ハウスウェディングで他のゲストがいない空間で、じっくり楽しむことも、ゆったりとした時間をゲストに提供することもできます。

他にも挙式だけ少し高いチャペルを使用し、そのまま近場のレストランへ移動しての食事というのもありです。
レストランでの食事会であればゲストとの距離がより近い空間で楽しいひと時が過ごせますよ。

 

 

4.結婚式をあげる際に忘れがちなこと

 失敗談にもありましたが、義両親や両親が結婚式に納得できず、後から何か言ってくるというパターンや新郎新婦間でも意見が食い違うことがあると思います。

ですから、必ず両家の両親と新郎新婦での話し合いを行い方向性の確認を取っておくことです。

詳細な部分までご両親に相談する必要はありませんが「予算を抑えつつゆったりとした空間で結婚式を行う」ということは事前に報告しておくと後々の関係がスムーズに進むでしょう。

また、ハンドメイド品をご友人に頼む際には必ずお礼言うことと無茶は言わないことです。

確かに新郎新婦の結婚式ですが、ご友人も「自分のプライベートな時間」を割いて結婚式を手伝ってくれているので、必ずお礼とお心付けやお返しは忘れず、わがままは言わないようにしましょう。

 

 

5.まとめ

派手婚でゲストへのサプライズをして驚かせることも思い出の1つですが、予算内でしっかり楽しんで自分のこだわりを貫いた結婚式をあげる地味婚も思い出になります。

海外では披露宴やご祝儀といったマナーはほぼなく、少し広めのパーティー会場でそれぞれが食べ物を持ち寄ってワイワイと過ごしたり、会場の設営(椅子やテーブルの準備など)は親族で行い、神父による誓いが終わった後はみんなで踊ったりするハウスウェディングに近い感覚で結婚式パーティーを行う文化が多いです。

そういった形の結婚式もありますし、地味婚と呼ばれていても派手な演出がないだけで「つまらない結婚式」ではなく「シンプルだけど質の良い結婚式」をあげるためにあれこれ試行錯誤して完成させる地味婚は間違いなく素敵な結婚式になることでしょう。

お二人で考えたお二人だけの結婚式、ぜひ素敵なものにしてくださいね。

 

 

レアルークのキャンペーン情報

  • 該当する記事がありません。

ブログ・お知らせ