関東を中心にした写真・動画撮影会社 株式会社realuc blog

ブログ・お知らせ

参列するときの和装に迷った人のために立場別着物を紹介

参列するときの和装に迷った人のために立場別着物を紹介

参列するときの和装

結婚式で着物を着ている人を見ると「素敵だなぁ」とついつい目で追ってしまいがち。
自分も着物を着てみたい!と思うものの、いざ着ようとすると何を着たらいいのか分からないという人は実は多くいます。
そこで今回は参列するときに着るべき着物は何か立場別に紹介していきます。
この記事を参考にどの着物を着るか見ていきましょう。

 

目次

1.列席和装の種類、格について

2.迷ったら自分の立場を基準に決める

3.振袖の未婚問題は友達同士で着ることで解消できる

4.結婚式なのだから華やかな着物でお祝いを!

 

 

1.列席和装の種類、格について

着る着物を決める前にまずは列席で着る着物である「列席和装」について紹介していきます。
和装には様々な種類がありますが結婚式で着られるものは主に5つです。
同時にその人が着ることが出来る「格」というものがありますので、それも合わせて紹介します。

・黒留袖

・色留袖

・訪問着

・中振袖(振袖)

・色無地

 

黒留袖

黒留袖

列席和装の中で最も格が高いとされるのが黒留袖。
結婚式では母親が着るイメージが強いですが、黒は「何色にも染まらない不動の色」という意味があり、既婚者である女性が着る正礼装になります。

 

色留袖

色留袖

黒留袖に色を付けた着物が色留袖であり、黒留袖とは違い、未婚の女性も着ることが出来ます。
家紋の数によって格が変わる礼装になります。

・5つの紋が付いていれば黒留袖同様の格がある正礼装

・3つ、1つの紋であれば準礼装になるため、親族や友人が着ることが出来る

 

訪問着

訪問着

着物の柄が襟元から裾まで広い範囲に広がり色も鮮やかな物が多いのが訪問着。
準礼装になるため、結婚式に友人として参列するゲストが着ることが出来る和装です。

 

中振袖(振袖)

中振袖(振袖)

成人式の時に着ることが多い袖が長い着物で、着物全体に柄が入っているため大変華やかな和装が中振袖です。
未婚の女性が着る正礼装になります。

 

色無地

色無地

一切柄がなく一色だけで統一された着物を色無地と言います。
色留袖同様、家紋の数によって各が変わってきます。
誰が着ても問題ない着物なので親族や友人が着ることが出来ます。

・5つ紋は黒留袖の次に格の高い正礼装。親族が着ることが多い

・3つ、1つの紋であれば友人が着ることが出来る

以上が結婚式で着られる列席和装になります。
着物にはこれ以外にも様々な種類がありますが、結婚式にふさわしい着物はこれら5つの種類になります。

続いては、参列する立場別におすすめの列席和装について紹介していきます。

 

 

2.迷ったら自分の立場を基準に決める

自分の立場を基準に決める

列席和装には様々な種類があり、種類によって格が違うことを紹介していきました。
しかし、いざ自分が着るとなるとどれを着たらいいのか分からないという人もいることでしょう。
そこでここでは立場別におすすめの列席和装について紹介していきます。

・母親

・親族

・姉妹

・友人

・職場関係

 

母親

母親の場合、結婚式では新郎新婦と共にゲストをお迎えする立場になるため、基本的には正礼装でいる必要があります。
そのため黒留袖が一番好ましいとされています。黒留袖では重苦しい雰囲気で苦手という人もいるため、そういった人は5つの紋がついた色留袖でも問題ありません。

 

親族

・祖母…黒留袖が好ましい

・叔母…親しい関係であるならば留袖や色無地が好ましい

・従姉妹…新郎新婦より年上なら訪問着、新郎新婦より年下で未婚なら振袖、既婚なら訪問、迷ったら訪問着が無難

 

姉妹

姉妹の場合でも既婚か未婚かで着る着物の種類は変わってきます。

既婚、姉

本来なら黒留袖が正礼装になりますが、落ち着いた印象になりすぎてしまうため、色留袖や訪問着でも問題ありません。黒留袖にするときのおすすめは、友禅と呼ばれる鮮やかな色で染められた柄の物です。

未婚、姉

格で選ぶなら振袖が正礼装になるのですが、それでは未婚を主張してしまうため着るのに抵抗を感じる人が多くいます。
そのため、姉の立場に当たる場合には、訪問着がおすすめです。

既婚、妹

既婚者であれば黒留袖が正礼装なのですが、新郎新婦より年下で黒留袖を着ると落ち着いた印象になりすぎてしまうため、訪問着がおすすめです。

未婚、妹

未婚の正礼装である振袖がおすすめです。
一般的には30代後半から振袖を着ることに抵抗を感じる人が多くなっているため、そういった人達は華やかさがある訪問着がいいでしょう。

 

友人

友人の立場の場合、既婚者であっても正礼装である黒留袖を着ることがほとんどありません。
ゲストの立場になるため、華やかな着物の方が好ましいです。既婚者であれば、訪問着や色留袖。
未婚者であれば、振袖や訪問着がいいでしょう。

 

職場関係

友人の立場同様、黒留袖を着る必要はありません。
上司の立場であれば、色留袖や訪問着、同僚や後輩であれば訪問着や振袖がいいでしょう。

以上が立場別におすすめの列席和装になります。
しかし、中には年齢とのバランスで振袖を着ることに抵抗を感じる人もいることでしょう。
そこで最後は振袖を着るときのポイントについて紹介していきます。

 

 

3.振袖の未婚問題は友達同士で着ることで解消できる

未婚問題は友達同士で着ること

これまで立場別のおすすめの列席和装について紹介していきました。
ゲストとして着るのにふさわしいのは華やかである振袖です。
しかし、「振袖=未婚の女性」というイメージがあるため、着ることに対して抵抗を感じる人もいることでしょう。
未婚の女性の正礼装である振袖ですが、現代の結婚式のマナーではそこまで気にする必要がないため、既婚者が着ても正直問題ありません。

 

おすすめ①

そこでおすすめなのが、友人同士で振袖を着ることです。
同じグループの友人同士で振袖を合わせて着れば、日本版ブライズメイドのようなお揃いの雰囲気になるため、未婚でも既婚でも関係なく着ることが出来ます。

私自身の結婚式の時も、友人に振袖を着てほしかったため、既婚未婚関係なく友人たちに振袖を着てもらいました。
結果的に、すごく華やかなで素敵だった!と親族や他のゲストから好評だったので、新郎新婦が良ければいいのかなと感じています。

 

おすすめ②

訪問着を着る場合、基本の帯は「お太鼓結び」というより着物にある帯の形になります。
着物らしいスタイルになるため、とても落ち着いた印象になるのですが、友人として参列する場合、そこまで正装にこだわる必要はないため振袖に合わせるような「飾り帯」で帯を華やかにする方法もあります。
帯が華やかだと着物に手を出しやすくなるので、帯でおしゃれを楽しむのもおすすめです。

 

 

4.結婚式なのだから華やかな着物でお祝いを!

結婚式だから華やかな着物でお祝い

今回は列席和装について紹介してきました。

着物というのは、柄や色味で印象が全然違ってきます。
既婚であるから黒留袖や訪問着を着る、というのは正しい選択なのですが、「ご姉妹や友人としてはまだまだ華やかな着物を着て問題ない年齢なのにもったいないな」と、今までスタイリストしてきてそう感じることが多くありました。
せっかくの結婚式なのですから、明るくしてくれるような柄や色味を使った着物を選んで、結婚式を楽しめるといいですね!

 

レアルークのキャンペーン情報

  • 該当する記事がありません。

ブログ・お知らせ