関東を中心にした写真・動画撮影会社 株式会社realuc blog

ブログ・お知らせ

ウェディングプランナーが教える、式場見学5ステップ

ウェディングプランナーが教える、式場見学5ステップ

いざ式場見学!

結婚式場といっても沢山ありすぎて選び切れない…

行ったら行ったで早めの契約を進められた…

そんな声を多く聞きます。
自分たちに合っているところはどこなのか、見学時に気をつけないといけないことは何なのかを今回まとめてみました。

 

 

目次

1.自分たちに合う式場って?

2.ブライダルフェアを探す

3.見学当日のチェックポイント

4.こんな言葉に注意

5.困ったときに

 

 

1.自分たちに合う式場って?

プロポーズが決まって式場へ行こう!と思っても、日本には結婚式が可能な場所は無数にあります。
やみくもに行こうとしても自分の好みとはかけ離れていたりすることも…。
スタイル別に分けると自分たちに合う結婚式場はどんなところかはっきりするかもしれません。

式場見学

 

・ゲストハウス

近年最も人気の施設です。
海外風の一軒家を貸し切って行うことのできるプライベート感が魅力的な結婚式場です。
おしゃれな外観、緑豊かなガーデンやプール等が完備されているのが特徴でもあり、アットホーム感を求められる方にはぴったりな式場といえます。ただ、貸切といっても式場規模によっては制限がつく場合があります。

 

・ホテル

ゲストハウスウェディングが主流になる前に隆盛だったスタイルです。
宿泊やレストラン等も揃っていたり、広い宴会場もあるため大人数での結婚式をするのに適しています。
遠方のゲストには安心の、駅からのアクセスも比較的いい傾向にあります。

 

・専門式場

結婚式に特化した施設です。
チャペルや会場が複数あるので、自分の好みを選びやすい反面、ゲストハウスのような貸切感はあまり望めません。
しかし近年は結婚式の減少に伴い各会場を1組貸切としたり、フロア貸切といった提案も増えてきています。
ドレスショップなども揃っているので結婚式までに滞りなくスムーズに打合せをしていきたい方にはおすすめです。

 

・神社

日本伝統の挙式スタイルの神前式が行えます。
ただ、基本的には親族のみとされており、披露宴は別会場で行う方も多くいます。
近年の和装需要により神前式を選ばれる方は増えてきている傾向にあります。

 

・レストラン

少人数ウェディングの流行に伴い、近年人気が高まっている施設です。
通常はレストラン営業なので施設はどうしても劣ってしまいますが、その分料理に特化しており、なおかつ価格もリーズナブルな傾向にあります。
演出よりも料理にこだわりたい方におすすめです。

このように区切ってみると自分たちはどんなスタイルが好みかはっきりしてくるかもしれません。
もちろんこの段階で明確に絞る必要はありませんのでフェア参加時の参考にしてみてください。

 

 

2.ブライダルフェアを探す

ブライダルフェアを探す

好みのスタイルが決まったら、次はブライダルフェアに予約してみましょう。
予約方法は電話・WEB等で可能ですが、コロナウイルス問題によりオンラインでのフェアも開催されるようになってきました。
ここでは現地開催でのブライダルフェアについて取り上げます。

まず、ほぼ全ての会場が開催しているフェアが「試食会」です。
ここでは式場シェフの料理を無料(有料の式場も)で試食可能です。
結婚式当日はゲストも楽しみにしている料理ですので、各式場の料理を試食される方も多いです。

その他、衣装試着や演出体験、模擬挙式などその式場が持つ強みや売りを体験できることが多く、開催日や時間によって内容が異なります。

最近は式場側も集客に四苦八苦しているためフェア参加の特典もかなり豪華になっており、自社の持つレストランのランチ券や手軽に使えるクオカードはもちろん、有名テーマパークのペアチケットなどがフェア特典としてついているケースもあります。

気に入ったブライダルフェアが見つかったら予約して見学に臨みましょう。

 

 

3.見学当日のチェックポイント

見学当日のチェックポイント

当日のチェックポイントは下記のとおりです。
会場に到着した順に書き出してみました。

・会場までのアクセス、駐車場の有無と台数

・敷地内に入ったときの第一印象

・ウェルカムスペースの雰囲気

・スタッフの対応

・会場の清潔感

・当日の動線と施設内の雰囲気

・施設や付帯商品について(収容人数・演出・送迎手段・提携宿泊先・雨天時の対応など)

・試食時の料理の味や質

・見積り書の説明と金額

・規約やキャンセル料、支払いのタイミングについて

・第一印象と比較しての印象

・見学の総時間

他には今でいうと、コロナウイルスへの式場としての対応策でしょうか。
いずれも上に挙げたものをクリアしていれば理想の結婚式場に近づいているはずです。
当日の動線、いわゆるフェア内での入場体験などですが、ここで舞い上がってしまうと後々に響きます。
最後の総時間ですが、あまりに長すぎる接客をする式場は注意してください。
実際に消費生活センターに相談されている事例も多くみられます。

 

 

4.こんな言葉に注意

こんな言葉に注意

先ほどの消費者トラブルの事例で多い内容が

「長時間拘束による無理な勧誘」と「当日契約の強要」です。

 

全ての式場が行っている訳ではありませんが、多くの式場は「即決契約」を目標に接客しています。
その背景には結婚式組数の減少や過度な値引競争が挙げられます。
集客するためにフェアの特典を豪華にし、他会場に行かせず当日契約をするために大きな値引きをしているのです。

最後のクロージング時、「今決めてくれたら¥●●●割引できます」など言う式場もありますが、今決めなくても割引されますので焦らないでください。
他には気に入った日程を盾に、今決めないと他に検討している人がいるなど言われるケースもありますが、営業トークである可能性もあります。その伏線はヒアリング時の日程の確認の際にあります。

本当に気に入った会場ならいいのですが、そうでなければ一度持ち帰って考えてみてください。
結婚式は二人のものではありませんし、焦って決めるよりもしっかりと考えて比較して納得したうえで決めた方が絶対にいい結果になります。

 

 

5.困ったときに

困ったときに

複数見学されている方は悩んでいます。
どこもいいところがあるから選び切れないと言います。
WEBを見てもいい素材の写真しか使いませんから比較が難しいのですが、今は口コミサイトも増えてきました。
実際に式を挙げた方、見学に行った方、参列した方などリアルな口コミを見ることができます。
第三者や友人の生の声を聞くのもいいかもしれません。
本当にいい式場はいい口コミや噂があるものです。

 

 

まとめ

式場見学5ステップのまとめ

いかがでしたでしょうか。
式場サイドのリアルな現状も交えてお伝えさせていただきました。
いくら営業とはいえ、お客様の納得なしにはいい結婚式は創れませんし、結婚式は人生の中でも高額な買い物のはずです。
だからこそ気軽に決めずにじっくりと考えて結論を出してください。全ては理想の結婚式を叶えるために。

レアルークのキャンペーン情報

  • 該当する記事がありません。

ブログ・お知らせ