関東を中心にした写真・動画撮影会社 株式会社realuc blog

ブログ・お知らせ

必ずドレスメーカーで購入するべきブライダルインナー、その理由とは?

必ずドレスメーカーで購入するべきブライダルインナー、その理由とは?

必ずドレスメーカーで購入するべきブライダルインナー

結婚式と聞いて、真っ先にウェディングドレスを思い浮かべる女性も多いのではないでしょうか。

ドレスを着る時に、必ず必要になるのがブライダルインナーです。

ブライダルインナーはさまざまなものがあり、下着メーカーのドレス用インナーや、見えないものなら節約したいと考える方もいらっしゃるかもしれません。

ではなぜドレスメーカーでの購入がおすすめなのかご紹介いたします。

ブライダルインナー

目次

・ドレスのラインが最大限に活かせるブライダルインナー

・見えてしまってはウェディングドレス姿が台無し

・姿勢まできれいに整えてくれるブライダルインナー

・他のメーカーでインナーを購入する際の注意点と新郎の下着

 

・ドレスのラインが最大限に活かせるブライダルインナー

ドレスのラインが最大限に活かせるブライダルインナー

1.ブライダルインナーはなぜ必要なのか?

どんなドレスを選んでも、必要になるのがブライダルインナーです。
ウェディングドレスやカラードレスを着る予定がある場合はもちろん、和装であってもインナーが必要なケースはあります。
直接肌に身に着けるものなのでレンタルはほとんどなく、購入する方が多いアイテムです。
ブライダルインナーの最大の役割は体のラインを美しく見せる効果です。
ドレスに合わせて作られた下着ですから、ウェディングドレスの立ち姿を最大限美しく演出してくれるでしょう。

 

2.サムシングフォーをご存じですか

結婚式にはサムシングフォーという欧米からから伝わる風習があります。
その内容は『1つ何か新しいものを』『1つ何か古いものを』『1つ何か青いものを』『1つ何か借りたものを』それぞれ身に着けた花嫁さんは幸せになれるというものです。
ドレスや、ベール、手袋のような小物類はレンタルをされる方も多いので、インナーはぜひ新しいものを購入してみてはいかがでしょうか。

 

3.ダイエットに最後の一押しをしてくれるインナー

結婚式を控えて、ダイエットを考える女性は少なくないはずです。
ドレスの号数は上半身のサイズで決まるので、数キロ痩せただけでもドレスのサイズが変わり、結果が表れやすいものです。
サイズオーダーができるショップなどでは、ウェストが2センチ変わっただけで1サイズ変わるということも珍しくありません。ブライダルインナーはブラジャーとパンツというように上下が別れておらず、上はビスチェタイプのものが多く、ガードルもウェストを引き締めてくれます。
あと1サイズ下のドレスを着たいという場合、ブライダルインナーを身に着ければ願いが叶うということは十分にありえます。

 

・見えてしまってはウェディングドレス姿が台無し

陰で支えるブライダルインナー

1.陰で支えるブライダルインナー

ブライダルインナーの役割はご紹介してきたとおり、体のラインと整えてくれることですが、他メーカーのインナーを購入した場合に気になるのがドレスとの相性です。
特にシンプルなデザインのドレスを選んだ場合に、ワイヤーやフックがぼこぼこしてしまったり、不要な張りが出てしまってはもったいないです。
さらに、ドレスと下着が合っていないと着ている間に痛みが出たり、苦しくなってしまうことも考えられます。
一生に一度の晴れ舞台ですから、ベストな状態で臨みたいものです。

 

2.特に注意が必要なのが背中からのはみだし

一番気を付けなければいけないのは、ドレスの背中からインナーがはみ出てしまうことです。
下着メーカーでビスチェタイプの下着を購入した場合に起こりがちな失敗ですが、洋服と違って、ウェディングドレスは背中の開いたデザインも多いので気をつけましょう。先に愛用のメーカーで下着を購入してしまった場合、その下着がはみ出さないドレスを選ばなければならなくなるというのは、あまりにももったいないことです。
好きなドレスを当日着るためにも、先にインナーを購入するのはハイリスクだと言えるでしょう。

 

 

・姿勢まできれいに整えてくれるブライダルインナー

姿勢の違いがわかる

1.花嫁さんにとって大切なのが背筋の伸びた姿勢

ウェディングドレスを選ぶ際に、デザインや体形のことを気にすることはもちろんですが、見落としがちなのが姿勢です。
当日は緊張もあり、忘れてしまいがちかもしれませんが、それを自然にサポートしてくれるのがブライダルインナーです。
どんなにきれいでも、猫背のような姿勢では美しくありません。この点に関しては、ドレスだけでなく和装の場合に言えることです。
白無垢や色打掛、振り袖などを検討している場合も姿勢がきれいなら美しく着こなすことができるので、着用について相談してみてください。

 

2.姿勢の違いがわかる後日の写真

姿勢が一番気になるのは、後日写真が出来上がった時かもしれません。
結婚式では集合写真のようにカメラを意識して写るものもありますが、挙式や披露宴の最中にカメラマンを依頼して、自然なショットを撮影してもらう場面も多いでしょう。
その時に姿勢が悪いと、その写真は一生手元に残ってしまいます。
映像を残す場合もあるので、いつでもきれいな姿勢がキープできたら、心から結婚式を楽しむことにつながります。
自然に背筋の伸びた姿勢は、ブライダルインナーに頼りましょう。

 

・他のメーカーでインナーを購入する際の注意点と新郎の下着

他のメーカーでインナーを購入する際の注意点と新郎の下着

1.ドレス試着の際にはショップに持ち込もう

それでもどうしても身に着けたいインナーがある、同じサイズの友人に借りた、という場合には、必ずドレスを試着する際にドレスショップに下着を持ち込みましょう。
ドレスを試着した時にラインはおかしくないか、装飾が透けたり、背中からはみだしたりしていないかをチェックしましょう。

 

2.ヌーブラやパットを利用したい場合には

バストサイズに自信がなくて、ヌーブラやパットを使用したい場合には、ブライダルインナーの下に着用するのがおすすめです。
ヌーブラのみでドレスを着る場合、透けやはみだしの心配はありませんが、体のラインや姿勢を整えてくれる機能は期待できませんので、おすすめしません。
パットについては付属のものが用意されていることもありますのでショップで相談してみましょう。
また、ヒップボリュームが欲しいといった悩みにもヒップパットなどで対応できる場合があるので、まずはドレスショップで相談してみることをおすすめします。

 

3.男性の下着は透けないことがマスト

男性の下着はなんでもいいと考えがちかもしれませんが、白やシルバーなどの薄い色のタキシードを選んだ場合には、透けないことに注意が必要です。だからと言って肌色の下着を購入する必要はありませんので、グレーなどの透けにくい色の下着を当日用に用意しましょう。
派手な色や柄のパンツを履いてしまうと、写真に残ってしまい恥ずかしい思いをしかねません。

 

まとめ

ブライダルインナーの必要性

ブライダルインナーの必要性に関してご理解いただけたでしょうか。
一度しか着ないからもったいないと購入をためらう方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚式に呼ばれた際や、会食などワンピースを着るような場面でも活躍させることは可能です。
安いものではありませんが、写真は長く残りますし、ぜひドレスショップでドレスに合わせたインナーの購入を検討してみてください。

レアルークのキャンペーン情報

  • 該当する記事がありません。

ブログ・お知らせ