ブログ・お知らせ

結婚式に合わせた美肌ケア!栄養や食事法のポイント3選

結婚式に合わせた美肌ケア!栄養や食事法のポイント3選

結婚式に合わせた美肌ケア結婚式の予定のある方は特に気になる美肌ケアのこと。

いくらメイクがしっかりしていたとしても、土台の肌が荒れていてはメイクのりも悪いですし、気分も上がりません…。

自信を持って皆さんの前に立つために、結婚式が決まったら美肌ケアをしましょう!

もちろんエステに通ったり基礎化粧品を良いものにしたりする方法もあると思いますが、こちらでは普段の食事や取り入れる栄養素の工夫をすることで美肌につなげる方法をご紹介します!

 

 

 

目次

  • 1.美肌のために重要な栄養素とは
  • 2.おすすめの食べ物&飲み物
  • 3.美肌のための食べ方のポイント
  • 4.身体の内側からキレイな肌を手に入れましょう

 

 

1.美肌のために重要な栄養素とは

美肌のために重要な栄養素とは

健康的な身体を作るためにはバランスの良い食事は欠かせません。

バランスの良い食事とは、主食・主菜・副菜がそろい、必要な栄養素がまんべんなくそろった食事のこと。

バランスの良い食事をして、しっかりとした土台を作った上で、美肌に良いと言われる栄養を意識的に取り入れることで、さらに効果が高まります。

食事は「これだけ食べていれば大丈夫」というものはありませんし、「美肌を手に入れたいから特定の食材ばかり食べる」という偏ったものだと、効果は得られにくいです。

逆に風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったり、肌荒れが出たりと、悪影響もあります。

規則正しい食事を摂ることで、肌の新陳代謝(ターンオーバー)のサイクルが正常に戻り、美肌への近道となるでしょう。

それを理解した上で、美肌のために下記の重要な栄養素を食事の中に上手に取り入れていってほしいと思います。

 

・ビタミン類

・ミネラル類

・たんぱく質

・大豆イソフラボン、大豆サポニン

・食物繊維や発酵食品

・オメガ3脂肪酸

 

 

ビタミン類

美肌のために必要な栄養素として真っ先に思い浮かぶのがビタミン類ではないでしょうか?

ビタミンは脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分類され、脂溶性は油に溶けやすく熱にも強いことが多く、水溶性は水に溶けやすく熱に弱いことが多いのが特徴です。

 

脂溶性ビタミン

ビタミンAは皮膚や爪を丈夫にし、肌のバリア機能をサポートする働きがあります。

ビタミンEは強い抗酸化作用があることが有名で、そのためアンチエイジングにも効果的なビタミン。血流を良くして新陳代謝を活発にし、肌にハリを与えます。

紫外線に対する抵抗力も上げるため、シミやそばかすにも効果的。

これら脂溶性ビタミンは、油と一緒に摂ると吸収率が上がるため、野菜炒めやオイル入りのドレッシングを使用するなどで効率よく摂取できます。

 

水溶性ビタミン

美肌ビタミンの代表ビタミンC

シミのもとであるメラミン色素の生成を防ぐ働きや、皮膚や骨、血管を丈夫に保つ働きがあるコラーゲン生成に必要不可欠な栄養素です。

ビタミンB群も重要で、特にビタミンB2は細胞の新陳代謝を助けるビタミンで、健康な皮膚や髪、爪を作ります。肌荒れや吹き出物、髪のパサつきが気になる方には特に意識的に摂取してほしいもの。

これら水溶性ビタミンは水に溶けやすいため、水洗いの際はさっと行いましょう。

また、熱に弱いので生で食べるか蒸して食べるのがおすすめです。

 

ビタミン類は野菜や果物に多く含まれているため、たっぷり食べるようにします。

また、野菜や果物だけでなく、ビタミンEはアーモンド、ビタミンAはレバー、ビタミンB2は牛乳や納豆にも多く含まれているなど、ビタミン類はさまざまな食材に含まれています。

 

 

ミネラル類

ミネラル類にも美肌のために重要な栄養素があります。

亜鉛は新陳代謝を向上させ、皮膚や骨の発育を促す働きがあります。

ターンオーバーの正常化にはとても重要なものです。

牡蠣やレバー、海藻類に多く含まれています。

 

 

たんぱく質

たんぱく質は皮膚や筋肉、血液、骨など、身体を構成する細胞を作る材料です。

いくら美肌に良いという栄養素をたくさん摂ったとしても、肌の材料であるたんぱく質が不足していては意味がありません。

結婚式に向けてダイエットをすることも多いですね。引き締まったボディのためには筋肉をつけることが重要で、その際にも筋肉の材料であるたんぱく質は必要です。

肉、魚、卵、乳製品、大豆製品に多く含まれます。

 

 

大豆イソフラボン、大豆サポニン

機能性成分である大豆イソフラボンと大豆サポニン。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする作用を持つため、ホルモンバランスの調整に効果が期待できます。

 

大豆サポニンは大豆の渋みや苦みの主成分ですが、強い抗酸化作用を持つため、アンチエイジングに効果的。

便通を良くする働きもあり、腸内環境が整うことで美肌につながります。

血管に付着する脂質を除去する働きや中性脂肪を低下させる働きも持つため、ダイエットにも効果があります。

ともに大豆・大豆製品(豆腐、納豆、みそ、豆乳など)に多く含まれます。

 

 

 食物繊維や発酵食品

便秘によって腸内に老廃物がたまり、そこから出る有害物質が血液中にも移行することで肌荒れを引き起こしてしまいます。

また、腸内環境が整っていると栄養素の吸収率が良くなり、それが美肌作りアンチエイジングにつながります。

腸内環境が整うことは、美肌のためには非常に重要です。

腸の蠕動運動を活発化してくれる食物繊維を多く含む食材(ごぼうやれんこん、きのこなど)や、腸内の善玉菌を増やすために発酵食品(納豆やヨーグルト、甘酒など)を摂ることが効果的です。

 

 

オメガ3脂肪酸

脂質の主成分である脂肪酸は、結合形態の違いから飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸。

脂質は過剰摂取が問題になりがちですが、このオメガ3は不足しがちな脂肪酸です。

肌にうるおいを与え、シワやたるみを抑制する効果を持つため、美肌のためにも重要なもの。

アマニ油、えごま、くるみ、青魚(の脂)などに含まれています。

 

 

2.おすすめの食べ物&飲み物

おすすめの食べ物&飲み物

美肌のために重要な栄養素はどんなものがあるか分かっていただけたかと思います。

その栄養素が含まれている食材で、結婚式を意識している方に取り入れやすい特におすすめのものをご紹介していきますね。

 

・赤い食材

・ヨーグルト

・アーモンド

・豆乳

 

 

赤い食材

赤い食材、とは、文字通り色が赤色の食材のことです。

特におすすめなのが赤ピーマンやトマト。

 

赤ピーマンにはビタミンCが豊富です。

その量はレモン8個分以上になると言われ、野菜の中でも特にビタミンC含有量が多いものになります。

 

トマトの赤い色はβ-カロテンというカロテノイド色素の一種です。

このβ-カロテンは体内に入るとビタミンAとして働くため、皮膚や粘膜を丈夫にする働きを持つ他、抗酸化作用が強いので身体のサビつきを防ぎます。

また、同じカロテノイド色素の一種のリコピンという成分も多く含まれています。

リコピンはビタミンAに変わることはないのですが、その抗酸化作用は非常に強力で、β-カロテンの2倍以上とも言われます。

リコピンを上手に摂るためには、トマトを生で食べるより、トマトの加工品を食べた方が吸収率が2倍以上になると分かっています。

加工品も利用して上手に摂取していきたいものです。

生で食べるのもお手軽なので、結婚式準備で忙しい毎日でも、ポイっと口に入れられるのが嬉しいですね。

 

 

ヨーグルト

発酵食品であるヨーグルトは、善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)が含まれているため、腸内環境を整えてくれます。

腸内環境が整うと肌の調子も良くなる他、免疫力も向上します。

式までの準備期間やもちろん式本番にも、体調管理が必須。

ヨーグルトで免疫力もアップさせ、風邪をひきにくい身体を作っていきましょう。

また、ヨーグルトにはたんぱく質も含まれており、そのたんぱく質は牛乳より消化吸収されやすい形(アミノ酸やペプチド)に分解されています。

毎日の食事に、朝ごはんなどで手軽に取り入れられるのも嬉しいですね。

 

 

アーモンド

最近では美容のための食材として定番になっているアーモンド。

アーモンドには抗酸化作用を持つビタミンEや新陳代謝を助けて健康な肌を作るビタミンB2が豊富に含まれています。

また、食物繊維も多く含まれているため、便秘解消にも効果が期待できます。

 

 

豆乳

豆乳にはたんぱく質が豊富。

さらに大豆イソフラボンと大豆サポニンが豊富に含まれているため、美容にはもってこいの飲み物です。

大きい容器や200mlパックなどさまざまな形態のものが出ており、そのまま飲むだけなので、ご自身の生活スタイルに合ったものを手軽に取り入れやすいのも魅力です。

 

 

3.美肌のための食べ方のポイント

美肌のための食べ方のポイント

これまでは美肌のための栄養やその栄養を含む食材を紹介していきました。

では最後に、どんな食べ方をした方が美肌のためになるのか、その理由も合わせてご紹介していきたいと思います。

 

・規則正しい食事、バランスの良い食事

・ベジファースト

・しっかりよく噛んで食べる

 

 

規則正しい食事、バランスの良い食事

前述しましたが、あくまで食事はバランスよく!

主食・主菜・副菜のそろった食事は、食材面でも栄養面でも非常にバランスの良い食事になります。

美肌に良いとされる食材を取り入れる前(又は同時)に、バランスの良い食事でしっかりとした身体の土台を作りましょうね。

また、朝食を抜かすことがある、夜遅すぎる夕食など、不規則な食事も良くありません。

肌が荒れる、肥満につながるなど、メリットはないです。

3食、毎日だいたい同じ時間に食べ、夜寝る前2時間は食べないようにするのが良いでしょう。

 

 

 ベジファースト

ベジファーストとは、野菜を先に食べる食べ方のことです。

野菜を先に食べることで、血糖値の急激な上昇を防ぐことができ、インスリンの分泌も緩やかになります。

そうすると糖質の取り込みが緩やかになり、脂肪に変換されにくく、太りにくくなります。

直接美肌には関係ないかもしれませんが、肥満も花嫁さんにとっては非常に避けたいところですよね。

そして、ベジファーストしようと考えることで、野菜をしっかりそろえた食事にするよう努力するはずです。

野菜にはビタミンや食物繊維が豊富なので、美肌効果もしっかりゲットできるでしょう。

 

 

 しっかりよく噛んで食べる

しっかりよく噛んで食べることで、食べ物と唾液がよく混ざり合い、胃腸の負担を軽減して消化を助けてくれます。

栄養素の吸収率のアップも期待できるので、美肌効果のある栄養素もしっかり吸収できるのでは?

また、よく噛むことは口(あご)などの顔の筋肉を動かすことになりますので、お顔のシェイプアップにもつながります。

 

 

4.身体の内側からキレイな肌を手に入れましょう

身体の内側からキレイな肌を手に入れましょう

私たちの身体は食べ物からできています。

その食べ物を工夫したり正したりすることで、身体は正直に反応してくれるものです。

食事の改善でキレイな肌を手に入れることは、その場しのぎの対策ではないので、本当の自身の美しさになります。

美肌ケアは、ぜひ栄養や食材を工夫することからやってみてください。

新着ブログ

おすすめブログ

カテゴリー

人気の記事

レアルークのキャンペーン情報

  • 該当する記事がありません。

新着記事・お知らせ