ブログ・お知らせ

ブライダルフォトを上手に残す5つのコツ!ポージングで意識すべきことは?

ブライダルフォトを上手に残す5つのコツ!ポージングで意識すべきことは?

一生に一度のブライダルフォト

せっかくなら納得のいくものを残したいと思いますよね。

 

そこでこの記事では、ブライダルフォトを上手に残すコツについて解説します。

 

「写真写りに自信がない」

「少しでも美しい写真が残したい」

ブライダルフォトで後悔したくない」

 

と考えている方にぴったりの内容です。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

目次

  • 1.ブライダルフォトとは?
  • 2.ブライダルフォトを上手に残す5つのコツ
  • 3.ブライダルフォトポージングで意識すべきこと
  • 4.納得のいくブライダルフォトを残そう

 

 

1.ブライダルフォトとは?

ブライダルフォトとは

ブライダルフォトとは、結婚式をしないカップルが結婚式の代わりに写真撮影すること。

「フォトウェディング」や「写真だけの結婚式」とも呼ばれます。

 

ブライダルフォトの魅力は、撮影内容が自由なこと。

 

通常の前撮りのような撮影をするカップルもいれば、写真撮影の中で「指輪交換」「ベールアップ」などをとり行うカップルも。

ロケーションにこだわり、海外やリゾートでブライダルフォトを残す場合も。

 

ブライダルフォトは、形式にとらわれず自由な結婚写真を残したい方にぴったりです。

 

入籍から時間が経っていて、お子様がいるカップルなどにもおすすめ。

状況によっては、撮影時間にご家族やご友人を呼ぶことも可能!

 

時期を選ばず撮影が可能なので「写真だけでも残したい」と考えているカップルは、ぜひブライダルフォトを検討してくださいね。

 

 

2.ブライダルフォトを上手に残す5つのコツ

ブライダルフォトを上手に残す5つのコツ

ここからは、ブライダルフォトを上手に残すコツを5つご紹介します!

 

・背筋は意識して伸ばす

・少しあごを引く

・2人の距離は近めに

・気になる部位は素直に話す

・カメラマンのアドバイスは素直に受け入れる

 

以上のコツをおさえると、ブライダルフォトが上手に残るはずですよ!

一つずつ解説します。

 

 

背筋は意識して伸ばす

撮影中は普段よりも意識して背筋を伸ばしましょう。

 

カメラマンからも指示があると思いますが、動きがあるシーンなどは特に注意!

姿勢が悪いと、写真を見返した時に後悔が残ります。

 

撮影日が決まったら、普段の生活から姿勢を意識しておくといいかもしれません。

 

 

少しあごを引く

 ブライダルフォトは正面からの写真がどうしても多くなります。

あごを少し引くだけで、正面からの顔がシャープに見えるのでおすすめ!

 

反対にあごが上に上がってしまうと、少し残念な写真に。

カメラマンからの指示がある前に、意識して軽くあごを引いておきましょう!

 

自分のベストの角度を見つけておきたいなら、自宅の鏡で練習しておくとGOOD!

より納得のいく表情や顔立ちの写真が残せるはずですよ!

 

 

2人の距離は近めに

2人の距離感はなるべく近めにしましょう。

実際に並んでいるよりも、写真で見た方が2人の距離が遠く見えがち。

 

2人の間に距離が空いてしまうと、写真自体もどこか寂しい印象になります。

 

そのため、撮影中は意識して2人の距離をぎゅっと詰めるのがおすすめ。

「近すぎる!」と思う位の距離感が写真だと丁度いいですよ!

 

 

気になる部位は素直に話す

自分の体で気になる部位があれば、撮影前にカメラマンに伝えるのがおすすめ。

 

例えば、

・二の腕が目立たないように

・顔は右からの角度が好み

など。

好みやコンプレックスと話しておくことで、カメラマンも気にかけてくれます。

 

もちろん、自分自身で姿勢ボディメイクを意識するのも大切!

しかし、カメラマンと好みを共有すると、より自分が納得できるブライダルフォトが残せるはずですよ!

 

 

カメラマンのアドバイスは素直に受け取る

撮影中、カメラマンのアドバイスは素直を受け入れるのがおすすめ!

 

プロ目線であなたが綺麗に見える姿勢や角度を引き出してくれるはず。

姿勢だけでなく、顔の角度や目線など、細かいアドバイスをくれますよ。

 

撮影中「アドバイス通りちゃんと出来ているかな」と不安になったら、カメラマンに撮影した写真を見せてもらいましょう。

ほとんどのカメラマンがモニターで写真を見せてくれるはずですよ!

 

 

3.ブライダルフォトポージングで意識すべきこと

ブライダルフォトポージングで意識すべきこと

ブライダルフォトを上手に残すコツについてご紹介しました。

ここからは、ブライダルフォトのポージングで意識したいコツをご紹介します。

 

衣装によって意識すべきポイントは異なります。

そこで、洋装と和装に分けて解説します!

 

より具体的なコツを知りたい方は参考にしてくださいね!

 

 

洋装で意識すべきポイント

洋装で一番意識すべきなのが、「姿勢」です。

 

背筋を伸ばし、腹筋を意識するとぐっとスタイルがよく見えます!

特に、後ろ姿の撮影時は姿勢を意識するとより美しい写真が残ります。

 

また、ブーケを持つ腕の位置も意識するとGOOD!

腕は体から軽く浮かすように意識すると、ほっそり見えますよ!

 

 

和装で意識すべきポイント

和装で一番意識すべきなのが「足元」と「指先」です。

 

和装は洋装とは異なり、体のラインが出にくい衣装です。

その分、足元と指先を意識すると美しい写真が残ります。

 

特に、つま先は常に内側に入れるよう意識しましょう。

つま先が内側に入っているだけで、品のある女性に!

指先は、ピンと伸ばすように意識すると美しく見えます。

 

また、和装はどうしても体が大きく見えてしまいがち。

洋装と同じく、常に背筋を伸ばして姿勢を意識しましょう。

 

肩の力を抜いて、肩を落とすと女性らしさがアップできますよ!

 

 

4.納得のいくブライダルフォトを残そう

納得のいくブライダルフォトを残そう

ブライダルフォトを上手に残すコツについてご紹介しました!

一生に一度のブライダルフォトだからこそ、納得のいくものを残したいですよね。

 

コツを事前におさえておくだけで、納得のいくブライダルフォトが残せるはず。

ぜひこの記事を参考に、自分達らしいブライダルフォトを残して下さいね!

 

新着ブログ

おすすめブログ

カテゴリー

人気の記事

レアルークのキャンペーン情報

  • 該当する記事がありません。

新着記事・お知らせ