ブログ・お知らせ

結婚式準備で65%以上のカップルが経験した喧嘩。少しでも防ぐための対策をご紹介

結婚式準備で65%以上のカップルが経験した喧嘩。少しでも防ぐための対策をご紹介

結婚式準備で50%以上のカップルが経験した喧嘩

防ぐための対策をご紹介

結婚式の準備が具体的に始まるとお互いの意見の食い違いなどで喧嘩になるカップルは多くいます。

人によって喧嘩の内容は違いますが、出来ることなら喧嘩をせず楽しく準備を進めたいものですよね。

せっかくの幸せな結婚式ですから準備期間も楽しくなるよう、今回は喧嘩を防ぐための対策について紹介していきます。

 

1.結婚式準備で喧嘩をする6つの理由

2.準備期間で喧嘩を防ぐために出来ること

3.お互いの気持ちを理解し合って、納得のいく結婚式の内容を見つけるのが良い

 

 

1.結婚式準備で喧嘩をする6つの理由

まず初めに世の中の新郎新婦カップルがどれくらいの割合でどのような理由喧嘩をしているのか紹介していきます。

「ハナユメ」調査によると、結婚式準備で喧嘩したことがあるカップルというのは実は半数以上の66%という多くの割合で喧嘩をしていることが分かりました。

ですので、結婚式の準備中に喧嘩をしてしまうというのは珍しいことではないのであまり気に病まないでくださいね。

では、なぜ喧嘩をしてしまったのか、内訳について紹介していきます。

 

「結婚式の準備や役割分担について」・・・73.5%

「結婚式にかかる費用について」・・・48.5%

「入籍の準備について」・・・38.2%

「家事の役割分担について」・・・36.8%

「結婚式以外の、新生活にかかわる費用について」・・・36.8%

(以上全ての調査内容はハナユメより引用:https://hana-yume.net/howto/preparation-fighting/

 

新しく始まる二人での生活の中で、初めて具体的なことに対して何を決めていくことになるのが結婚式の準備。

そんな結婚式の準備を進めていく中で、お互いの結婚式に対する熱量の差を感じてしまうと喧嘩に繋がりやすい傾向にあることが上記のアンケート調査結果によって分かりました。

この調査結果に加え、最近では「義両親との関わり方」で喧嘩になってしまうカップルも多くいます。

実際にスタイリスト時代では、新婦側より義両親との関わり方の相談を多く受けてきたことがあるほど。

では、なぜこれらの6つが喧嘩に繋がるのがさらに詳しく見ていきましょう。

 

・式の準備や役割分担

・式の費用面

・入籍の準備

・家事の役割分担

・結婚式以外の、新生活にかかわる費用面

・義両親との関わり方

 

式の準備や役割分担

最も多い喧嘩の原因になっていたのが、「結婚式の準備や役割分担について」。

仕事などの合間に結婚式の準備をする場合がほとんどですので、自分だけが頑張っている、パートナーな非協力的である、など不満に感じてしまうと喧嘩に発展してしまいがちです。

【具体的な喧嘩の例】

・仕事を理由に準備に関わらない

・「なんでもいい」や「まだやってない」と言われることが多い

・結婚式準備に興味がなくやりたがらない

 

式の費用面

喧嘩をしたカップルの約半数が同意をした原因であるのが、「結婚式にかかる費用について」です。

結婚式費用は式の内容によって金額が変わってくるので、やりたいことや結婚式にかけられる費用の価値観の違いから喧嘩に繋がりやすくなります。

【具体的な喧嘩の例】

・お互いの結婚式にかけたい費用の内容が違う

・お互いが思っている結婚式費用の予算に差がある

・予算を削る際、削る内容で揉めてしまう

結婚式準備に関わらず、費用面での喧嘩は夫婦生活を送っていく中でも起こりやすい案件ですので、結婚式準備でも起きてもおかしくない原因でもあるのです。

 

入籍の準備

結婚式の準備の中には新生活の準備も含まれていることが多くあります。

その中の一つが「入籍の準備」。

式の準備や自分自身の生活で忙しい中、入籍もするとなると用意に手間と時間がかかり、片方だけが準備していると負担に感じてしまい喧嘩に発展してしまいます。

【具体的な入籍の準備に必要な手配】

・婚姻届を用意するための手間(役所まで行く必要や別の方法で用紙を用意する必要がある)

・証人が必要なためお願いやお礼の手配の手間

・記入した婚姻届の提出のために役所まで行かなくてはならない手間

 

家事の役割分担

結婚式の準備期間中から二人で同居生活が始まっていた場合、喧嘩に繋がりやすいのが「家事の役割分担について」。

自分のペースで生活していればよかった一人暮らしや実家暮らしとは違い、お互いが常に一緒の空間にいることになるため、気を使わなくてはいけなくなります。

【具体的な喧嘩の例】

・食器や洗濯がその辺に置きっぱなし

・先に帰ってきているのに料理をしてくれない

・家事をするのはいつも自分、やり方が気に入らないと感じてしまう

生活スタイルや家事のやり方など、違いが出てくるのが当たり前なのですが、それがお互いに許せないと喧嘩に発展してしまうようです。

 

結婚式以外の、新生活にかかわる費用面

結婚式は多額の費用が必要になりますが、生活をするうえでも費用が必要になってきます。

それが喧嘩の理由の一つである「結婚式以外の、新生活にかかわる費用について」。

自分のためにお金を自由に使えた独身時代とは違い、二人で生計を立てていかなくてはならないため、お金の使い方に違いがあると喧嘩に繋がりやすくなります。

【新生活にかかる具体的な費用】

・新居に必要な諸経費(家賃や引っ越し代など)

・家電、家具

・二人分の食費や光熱費

【具体的な喧嘩の例】

・新生活に必要な費用を折半してくれない(どちらかが偏って支払っている)

・お金を貯めたいのにパートナーの浪費癖がひどい

・お金をかけたい物の価値観が違う

 

義両親との関わり方

今回紹介している調査内容には含まれていませんが、結婚式の喧嘩で多い原因の一つであるのが「義両親との関り方」。

結婚式の準備や新生活に関して、自分の子供を通して口出しをする「過干渉」が喧嘩に繋がってしまうケースが多くあります。

本人的には干渉される行為が今までの生活では当たり前だった行為でも、パートナーからすると義両親からの干渉というのはストレスでしかありません。

さらに、自分の両親の意見の方を優先されてしまったり、干渉が嫌であることを理解してもらえないことからよりストレスに感じ、喧嘩に発展してしまうケースが多くあります。

【具体的な喧嘩の例】

・式の内容や新生活のスタイルに義両親が口出し、駄目出ししてくる

・打ち合わせや衣裳選びについて来ようとする(中には自分がドレスを着たいという義母も…)

・義両親の過剰な干渉が嫌なのにパートナーが理解してくれない

・自分たちの結婚式なのに自分よりも義両親の意見を優先してしまう

 

 

2.準備期間で喧嘩を防ぐために出来ること

準備期間で喧嘩を防ぐために出来ること

これまで結婚式の準備で喧嘩に繋がる原因について紹介してきました。

どの理由がきっかけで喧嘩に繋がるのかは人それぞれではありますが、できる限り喧嘩はしたくないものですよね。

では、どうすれば喧嘩を防ぐことが出来るのか気になるところですが、全てしっかりと「話し合う・確認し合う」ことで解決することが出来てしまうのです。

そこでここでは喧嘩を防ぐことが出来る話し合いの内容についてそれぞれ詳しく紹介していきます。

 

・式の準備や役割分担

・式の費用面

・入籍の準備

・家事の役割分担

・結婚式以外の、新生活にかかわる費用面

・義両親との関わり方

 

式の準備や役割分担

結婚式というのは二人が造り上げるものですので、どちらも結婚式に対して興味や関心を持っておく必要があります。

始めからパートナーに任せきりというスタンスでは喧嘩に繋がりやすくなってしまいます。

どちらかに結婚式の決め事や手配などの準備の負担が偏ってしまわないようにお互いの準備担当の割合を確認してみましょう。

とはいえ人によっては、式の準備が楽しいため一人で進めたい人や、中途半端に口や手を出されることで準備が進まずストレスに感じてしまうケースもあるため、自分たちに合った割合を見つけてくださいね。

 

式の費用面

お金に関することは喧嘩に繋がりやすい案件のため、結婚式を行うことが決まった時点で、お互いに「結婚式にはどれくらいの予算をかけられるのか」しっかりと話し合っておくことが必要です。

合わせて、結婚式の内容(衣裳・料理・引き出物・装飾・演出のどれにお金をかけたいのか)で一番重点を置きたいポイントを決めておくのもおすすめです。

二人の中で納得できる予算の額が決まってからその予算に合った式場や内容を決めていくと、喧嘩やトラブルを抑えることが出来るようになります。

 

入籍の準備

式の準備同様、パートナーだけに負担がかからないよう入籍の手配をどうするか話し合うといいでしょう。

手配はパートナーに任せた分、届けを提出するときは有給を使って一緒に行くなど、任せきりにしないことがおすすめです。

 

家事の役割分担

家事に関してもどちらかに負担が偏ってしまい、それがパートナーにとって負担に感じてしまうようであれば、役割分担についてしっかりと話し合う必要があります。

しかし家事に関しては得意不得意があるため、同居を始めた瞬間からいきなり家事を半分ずつ担当するというのは難しい場合もあります。そのため、まずは家でのルールを決めると良いでしょう。

例えば、「先に帰った方が食事を作る」、「食後のお皿は必ず下げる」や「脱いだ服はそのままにしない」などです。家事について分からない場合は、正直にパートナーに相談してみてください。

家事が出来ない分、自分が出来る代わりの何かを見つけてパートナーにだけ負担がかからないように気遣うことや感謝の気持ちを伝えていくことも一緒に暮らす上で大切になってきます。

 

結婚式以外の、新生活にかかわる費用面

結婚式では多額の費用が必要となってくるため、同時に出費が増えてしまうとストレスに感じてしまうことがよくあります。

そのため、新生活のためにどれだけお金を使えるのか二人の中でしっかりと話し合うことが必要です。

何が必要でどれくらいの費用がかかり、その費用はどちらが負担、もしくは折半するのかなど、具体的に決めていくと余計な出費を抑えることが出来るようになるでしょう。

 

義両親との関わり方

結婚式準備の段階で自分から義両親に直接「干渉しないでほしい」と言える人は中々いないと思うので、パートナーからストップをかけてもらわなくてはなりません。

そのためこの件に関しては、パートナーの協力・理解が必要になってくるため、まずはパートナーに自分の気持ちを理解してもらう必要があります。

「今まで当たり前だった自分の両親の行動が相手にとってはストレスだった」という事実を知ることは本人的にはショックなことかもしれませんが、もう二人は夫婦で家族なのですからこちらを優先してもらえるよう話してみましょう。

これから長い付き合いになっていくであろう義両親ですから、早いうちから関わり方をはっきりしておくことが最もストレスを少なくすることが出来る方法となります。

 

 

3.お互いの気持ちを理解し合って、納得のいく結婚式の内容を見つけるのが良い

納得のいく結婚式の内容を見つけるのが良い

今回は結婚式準備で喧嘩を防ぐため方法について紹介してきました。

今回紹介してきた喧嘩の内容のどれにも共通して言えることは、「お互いしっかり価値観や考えを話し合い、理解できれば喧嘩に繋がることは防ぐことが出来る」ということです。

準備が負担に感じてしまったり、不満が増えてきてしまえば、パートナーの行動や態度にストレスを感じやすくなってしまいますので、そうなる前にお互いが納得できるバランスを見つけていきましょう。

話し合いももちろん大切ですが、準備を進めてくれることへの感謝や二人の新生活への配慮をしてくれていることの感謝など、感謝の気持ちをパートナーに伝えてあげるだけでもお互いのストレスを減らすことが出来ますので、常に感謝の気持ちを忘れずに過ごせるといいですね。

今回の記事を参考に少しでも楽しい結婚式の準備が進められるように初めての共同作業、頑張ってくださいね!!

新着ブログ

おすすめブログ

カテゴリー

人気の記事

レアルークのキャンペーン情報

  • 該当する記事がありません。

新着記事・お知らせ