ブログ・お知らせ

ドレスとブーケのバランスも大切!おすすめの組み合わせ術をご紹介します!

ドレスとブーケのバランスも大切!おすすめの組み合わせ術をご紹介します!

ドレスとブーケのバランス

ドレスとブーケ

花嫁が持つウエディングアイテムの一つとして欠かせないのが「ブーケ」。花の種類や色味、形など様々な種類があり、選ぶ花材によってその人らしさが全面に出てくるアイテムなのがブーケです。

また、ブーケのデザインによってドレス姿の雰囲気も変わってくるため、ドレスとのバランスが大切になってくるアイテムでもあります。

自分の好みの花や雰囲気が決まっている人からすると楽しいブーケ決めの時間になりますが、ブーケにあまり興味がない人からするとブーケ選びで困ってしまうという人も多くいることでしょう。

そこで今回は、ブーケの種類ドレスとブーケの相性などについて紹介していきます。

この記事を読むことでドレスとブーケ組み合わせなどを理解することが出来るため、自分に合ったブーケのイメージを決めることが出来るようになるでしょう。

 

1.ブーケの種類

2.ブーケ選びの5つのポイント

3.ドレス×ブーケのおすすめの組み合わせ4種類

4.ドレス姿をより華やかにしてくれるブーケもこだわってパーフェクトな花嫁姿を目指そう

 

 

1.ブーケの種類

ブーケの種類

まず初めにブーケの種類について紹介していきます。

よく見る形はもちろん、最近流行りの新しい形のブーケも紹介していきますので、好みのブーケの形を見つけていきましょう。

主なブーケの種類は以下の7種類です。

 

・キャスケードブーケ

・ラウンドブーケ

・ティアドロップブーケ

・クラッチブーケ、アームブーケ

・リースブーケ

・バックブーケ、花籠ブーケ

・ボールブーケ

 

 

キャスケードブーケ

キャスケードブーケ

ウエディングドレスに合わせるブーケで定番の形の一つがキャスケードブーケ。

丸い形のベースに、下側に花が連なった逆三角形の形になっているのが特徴です。

上から水が滴っているようなデザインで、花の大きさが蔦や葉のボリュームによっては膝上くらいまで垂れる大きさのブーケもあります。

上品で豪華な花との相性が良いため、クラシカルなデザインのウエディングドレスで使われることが多いです。

【キャスケードブーケによく使われる色・花材】

・白×グリーン

・白×ピンク

・カサブランカ

・ユリ

・バラ

・カラー

 

ラウンドブーケ

ラウンドブーケ

キャスケードブーケとは別の定番であるブーケの形であるラウンドブーケは、名前の通り丸い形が特徴。

丸い形はドレスのデザインでも相性が良く、どんな色でも違和感なく作ることが出来るためカラードレスにも合わせやすい万能型ブーケです。

プリンセスラインのドレスに合わせる人が多くいます。

【ラウンドブーケによく使われる色・花材】

・白

・パステルカラー

・ビビットカラー

・バラ

・芍薬

・ガーベラ

・ブルースター

 

ティアドロップブーケ

ティアドロップブーケ

その名の通り「涙のしずく」の形をしたブーケをティアドロップブーケと言います。

キャスケードブーケよりもコンパクトでラウンドブーケよりも細長い形をしているのが特徴です。

キャスケードブーケ同様、縦に長いため後ろの裾が長いウエディングドレスに合わせる人が多くいます。

【ティアドロップブーケによく使われる色・花材】

・白×グリーン

・白×ピンク

・白×グリーン×水色

・バラ

・芍薬

・ガーベラ

 

クラッチブーケ、アームブーケ

クラッチブーケ、アームブーケ

花を茎の部分も見えるようまとめてあるブーケがクラッチブーケ。

クラッチブーケよりもボリュームを出して腕で抱えるようなデザインをアームブーケと呼びます。

通常のブーケは茎の部分が見えないようリボンで巻止められていますが、クラッチブーケは茎の部分もブーケのデザインとしてそのまま何もせずまとめています。

茎のグリーンが見えナチュラルな雰囲気となるため、ナチュラルウエディングに注目が集まった2020年の花嫁様たちに大変人気のデザインでした。

ウエディングドレスにもカラードレスにも合わせやすいデザインのため、通しで持つことが出来るブーケでもあります。

【クラッチブーケ・アームブーケによく使われる色・花材】

・グリーン×白×イエロー

・白×カーキ×グレー

・パステルカラー

・ビビットカラー

・アネモネ

・芍薬

・バラ

・カスミソウ

・ドライフラワー

・パンパスグラス

 

リースブーケ

リースブーケ

ここ数年で人気が高まっているブーケなのがリースブーケです

名前のとおりリースのような形をしているブーケのことを指します。

枝で丸い形の土台を作り、そこに好きな花材や色味の花を付けるデザインとなります。

【リースブーケによく使われる色・花材】

・白×グリーン

・パステルカラー

・木の実

・ビビットカラー

・バラ

・カスミソウ

・オリーブ

・ユーカリ

 

バッグブーケ、花籠ブーケ

バッグブーケ、花籠ブーケ

人とは違うブーケを持ちたい人や可愛らしいアイテムが好きな人に人気なのが、バッグブーケや花籠ブーケ。

その名の通りハンドバッグのような形や、籠の中に好みの花材を詰め込んだブーケをバッグブーケ、花籠ブーケと呼びます。

 

ボールブーケ

ボールブーケ

和装に合わせるブーケで人気があるのがボールブーケ。

ボールのようにまん丸の形をしたブーケに持ち手のリボンを付けています。

和装の色に合わせてブーケの色味を決めるとバランスが取りやすくなります。

【ボールブーケによく使われる色・花材】

・赤×白×橙

・赤×紫

・白×若草

・白×桃色

・ピンポンマム

・芍薬

・胡蝶蘭

・ダリア

 

2.ブーケ選びの5つのポイント

ブーケ選びの5つのポイント

これまでブーケの種類について紹介してきました。

どのような形があるのか知ることが出来たと思いますが、かえって種類がありすぎてどれがいいのか分からないと感じてしまう人もいることでしょう。

そこでここではブーケを選ぶときのポイントについて5つ紹介していきます。

 

・色味から選ぶ

・花の種類から選ぶ

・ブーケの形から選ぶ

・花材・保存方法から選ぶ

・ドレスとの相性から選ぶ

 

 

色味から選ぶ

ブーケ選びのポイントの一つ目は、「色味」から選ぶ方法。

どのように色味を決めたらいいか、下記に具体例を紹介していきますね。

【色味の決め方】

・普段の好みの色を使う

・結婚式のテーマカラーを使う

・ウエディングドレスには白やグリーンが清楚にまとまり相性が良い

・カラードレスには同系色を合わせる

・カラードレスもブーケも引き立たせたい人は敢えて反対色を持ってくるのもおすすめ

 

花の種類から選ぶ

続いてのブーケの選び方のポイントは、「花の種類」で選ぶ方法。

花の種類に関しては、花が元々好きな人でないと選びにくい部分もあるため、色味が決まればあとは花担当のスタッフさんにお任せしてしまって問題ありません。

花の大きさや、形などのざっくりとしたイメージがある場合にはそのイメージを事前に伝えておくとおすすめの花を用意してくれますよ。

【花の種類の伝え方】

・丸っこい形が好き、大きな花が好き、などの大まかな形

・花びらが多い種類が好き、一輪でも充分目立つボリュームが好き、などの花の形

・好みの花があればその写真を持っていくとイメージの食い違いが防げる

 

ブーケの形から選ぶ

ブーケ選びのポイントの3つ目は、「ブーケの形」から決める方法。初めてのブーケ選びでは、ブーケの形からイメージを掴む人がほとんどです。

先ほど紹介したブーケの形と一緒に、雑誌やネットでウエディングドレス姿とのバランスを比べていくと好みのブーケの形を見つけることが出来るようになります。

後ほど、ブーケと相性のいいドレスラインの組み合わせも合わせて紹介していきますので、そちらも参考になさって下さい。

 

花材・保存方法から選ぶ

ブーケ選びの4つ目のポイントは、「花材」や「保存方法」から決める方法。

ここでいう「花材」とは花の種類のことではなく、花の状態を表しています。では具体的にはどのように選ぶといいのか紹介していきます。

【花材・保存方法から選ぶ方法】

・「生花」:その時しか楽しめない、生きている花の力強さや香りを楽しみたい人向け

・「ブリザーブドフラワー」:生花の雰囲気や色味を楽しみつつ、式後もそのままの形で思い出の品として残したい人向け

・「ドライフラワー」:ベージュやカーキの落ち着いた色味でナチュラルなブーケを楽しみたい。式後もスワッグなどの装飾品として飾りたい人向け

 

ドレスとの相性から選ぶ

そしてブーケ選びの最後のポイントになるのが、「ドレスとの相性」。

ブーケの形や花の種類には相性のいいドレスが存在します。

それがどのようなものなのかはこの後詳しく紹介していくのですが、このドレスとの相性を基準にするとブーケを決めやすくなるのでそちらもぜひ参考になさってください。

 

3.ドレス×ブーケのおすすめの組み合わせ4種類

ドレス×ブーケのおすすめの組み合わせ5種類

さて、これまでブーケの種類ブーケの選び方について紹介してきました。

好みの花や色味などからブーケを決めていくという方法があることを知ることが出来たことでしょう。

ですが、自分では中々決めづらいという人もいると思いますので、ここからはドレスとブーケの相性のいい組み合わせというのを紹介していきます。

4種類の組み合わせを紹介していくのですが、この組み合わせを参考にすることで自分に当てはまるブーケのイメージを掴むことが出来るようになるため、花担当のスタッフさんに大まかなイメージを伝えやすくなりますよ。

 

・クラシカルドレス×キャスケードブーケ

・プリンセスドレス×ラウンドブーケorアームブーケ

・エンパイヤライン・スレンダーライン×クラッチブーケ

・マーメイドライン×キャスケードブーケorアームブーケ

 

 

クラシカルドレス×キャスケードブーケ

クラシカルドレス×キャスケードブーケ

誰からも愛され続けるデザインであるクラシカルなウエディングドレスは縦にボリュームのあるキャスケードブーケとの相性が抜群。

ロイヤルウエディングのような王道なクラシカルドレスはトレーンが長くドレス自体もしっかりしている生地が多いため、ボリュームのあるキャスケードブーケを持ってくることでより華やかな花嫁姿にしてくれます。

【クラシカルドレスとは】

・トレーンの長いデザイン

・光沢や張り感のあるサテン生地のデザイン

・Aラインやカットレースのような豪華なレース、刺繍が施されたデザイン

 

【おすすめのキャスケードブーケ】

・白やグリーンを取り入れた清楚な色味

・カサブランカやユリ、胡蝶蘭などのボリュームのある花で華やかに

・カラードレスでもネイビーや深緑などの濃い色味のドレスに合わせやすい

 

プリンセスドレス×ラウンドブーケorアームブーケ

プリンセスドレス×ラウンドブーケorアームブーケ

ふんわりとしたデザインや素材が多いプリンセスラインのドレスには可愛らしい形をしているラウンドブーケと相性が良いです。

チュールのようなスカートにボリュームがあるプリンセスドレスには、ボリュームがありつつナチュラルなテイストも兼ね備えているアームブーケとも相性がいいため、こちらの組み合わせもおすすめです。

【おすすめのラウンドブーケ】

・シルクなどの光沢のある生地には上品にまとまる丸い形をしているラウンドブーケとの相性が良い

・白ベースのブーケにイエローやピンク、水色などのワンポイントカラーを入れると可愛らしい雰囲気に

・カラードレスと共用で使うときは、カラードレスの同系色を入れると良い

【おすすめのアームブーケ】

アームブーケ

・ボリュームが出るため、花は小さめの花をまとめボリュームを出すのがいい

・カラードレスに合わせる場合、淡い色味のドレス×濃い色味のブーケ、濃い色味のドレス×薄い色味のブーケと色味にメリハリをつけた方がバランスが取りやすい

・プリンセスラインのウエディングドレス時のアームブーケはどちらもボリュームが出すぎるため避けた方がいい

 

エンパイヤライン・スレンダーライン×クラッチブーケ

エンパイヤライン・スレンダーライン×クラッチブーケ

ボリュームの控えめなエンパイヤラインやスレンダーラインには、長さが出るクラッチブーケとの相性が抜群。

茎部分のグリーンが見えるためナチュラルなテイストにまとめることが出来るため、ドレスの雰囲気と合わせやすくなります。

【おすすめのクラッチブーケ】

・ドライフラワーやアネモネ、コットンなどのアースカラーを取り入れると今時でよりナチュラルなテイストに

・ガーデンなどのグリーンが映える式場には白×グリーン×イエローの組み合わせが◎

・ゴールドやアイボリーが目立つドレスにはパンパスグラスが合わせやすい

 

マーメイドライン×キャスケードブーケorアームブーケ

マーメイドライン×キャスケードブーケorアームブーケ

ボディラインがはっきりと出るマーメイドラインには、ボリュームの出るキャスケードブーケやアームブーケがおすすめ。

マーメイドラインもブーケも縦に長さを出すことでどちらも綺麗にまとまり、ドレスとブーケの横のボリュームに差を付けることでどちらも引き立たせることが出来ます。

【おすすめのキャスケードブーケ】

・クラシカルかつ洗練された雰囲気にしたいならカサブランカやユリをメインにする

・白×グリーンでより挙式らしい雰囲気に

 

【おすすめのアームブーケ】

・カラーのようなシンプルで縦にボリュームのある花でドレスもブーケも主役にする

・ユーカリやオリーブの葉をメインにすることでスタイリッシュなドレス姿に

・マーメイドラインにはブルーやボルドーなどのクールな色味との相性が良い

 

4.ドレス姿をより華やかにしてくれるブーケもこだわってパーフェクトな花嫁姿を目指そう

ドレス姿をより華やかにしてくれるブーケもこだわってパーフェクトな花嫁姿を目指そう

今回はドレスに合わせやすいブーケの種類について詳しく紹介してきました。

ドレスがメインになりがちではあるのですが、ドレスを引き立たたせてくれる重要な役割を果たしてくれるアイテムなのがブーケなので、こちらもしっかり選んであげてほしいアイテムになります。

好みの花や色味がなく選ぶのが難しいという場合は、当日着るドレス姿の写真を花担当のスタッフさんに見せ、「これに合うブーケのおすすめを教えてください」と伝えれば候補をいくつか持ってきてくれます。

候補があるだけでも選びやすくなりますので、迷ってしまったらスタッフさんのおすすめを教えてもらうといいですよ。

余談ではありますが、私自身ブーケを選ぶときは、ネットのイメージ画像に大変お世話になっていました。

この記事を参考にしつつ、雑誌やネットからイメージ画像を見つけるとより具体的なブーケのイメージを固めることが出来るようになることでしょう。

記念品としても残すことが出来るブーケですので、式当日から式後まで長い期間楽しめるよう、自分好みのブーケを見つけてくださいね。

 

新着ブログ

おすすめブログ

カテゴリー

人気の記事

レアルークのキャンペーン情報

  • 該当する記事がありません。

新着記事・お知らせ