ブログ・お知らせ

コロナ対策から生まれた新しいウエディング、「リモート結婚式」についてご紹介!

コロナ対策から生まれた新しいウエディング、「リモート結婚式」についてご紹介!

コロナ対策から生まれた新しいウエディングの形

えいぞう

 

目次

  1. リモート結婚式とは
  2. 卒花嫁様の式レポ紹介
  3. 一つの手段として知っておくだけでも結婚式の実施に前向きになれる

 

1. リモート結婚式とは

リモート結婚式とは

まず初めに「リモート結婚式」についてご紹介していきます。
リモート結婚式というのは、新郎新婦がいる式場から中継で別の会場にいるゲストたちに映像をリアルタイムで流すというもの。

「オンライン結婚式」というものもありますが、それもリモート結婚式の一つです。
ここでは、「リモート結婚式」と「オンライン結婚式」との違いや、それぞれのメリット・デメリットについても紹介していきます。

 

リモート結婚式

  • 式場⇔別会場の式場にて中継で式を行う
  • 挙式から披露宴まで通常通りの結婚式を行うことが出来る
  • ライブビューイングに近いもので、別会場の式場内でも会食を行うことが可能

【メリット】

  • 遠方に住んでいる人たちでも公共交通機関を遠距離で使用する必要がないため、感染リスクを最小限に抑え参加してもらうことが出来る
  • 結婚式に足を運ぶことになるため、結婚式の雰囲気を味わうことが出来る
  • 新郎新婦と共に映像を通して式場の食事を楽しむことが出来るのはリモート結婚式ならでは

【デメリット】

  • 全国に複数の結婚式会場を持つ式場でないと実施が難しい
  • まだあまりないウエディングスタイルなため、全ての式場で対応ができるとは限らず件数はまだ少ない
  • 映像機器によっては音声のやりとりが出来ないため、新郎新婦との会話をすることが難しいことも
  • 別会場の式場を使用することになるため、追加料金が発生

 

オンライン結婚式

  • 新郎新婦のいる会場⇔個々のいる場所にて中継で行う
  • 主に披露宴や二次会のような内容や会場で行われることが多い
  • 使用ツールはPCや携帯で、ZoomやSkypeなどのオンラインアプリを使用

【メリット】

  • 時間と場所とツールの確保が出来れば実施が可能なため、手軽に式を行うことが出来る
  • 新郎新婦の二人とスタッフしかいない状況で行われることが多いため、感染リスクは低い
  • 映像関係に強い人がいれば知人のみでオンライン結婚式を行うことが可能

【デメリット】

  • 挙式から披露宴まで行うような結婚式をしたい人にはカジュアルすぎて物足りないと感じることも
  • 式内容を見るために自分たちでツールを用意しなくてはならないため、機械が苦手な人にとっては参加しづらい
  • 会食を自分たちで用意してもらうことになるため手間をかけてしまう

 

2. 卒花嫁様の式レポ紹介

卒花嫁様の式レポ紹介

先ほどリモート結婚式について紹介しましたが、実際に結婚式場で別会場も使用しながらのリモート結婚式を行ったケースというのはまだ多くはありません。
そこで、ここでは実際にリモート結婚式を行われた卒花嫁様の話を紹介していきます。

どのようなことをして対策をされたのか詳しく紹介していきますので、今後の結婚式をどうするか参考にしてみてくださいね。

  • ご紹介する卒花嫁様、実際に挙げられた式場
  • リモート結婚式を実施した経緯
  • リモート結婚式の詳細
  • 結婚式でのコロナ対策
  • 実際にリモート結婚式を行った感想

 

ご紹介する卒花嫁様、実際に挙げられた式場

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝑅𝒾𝑜(@skrt1122)がシェアした投稿

2020年10月にララシャンスガーデン東京ベイで結婚式を挙げられたRioさん。
同系列の式場でリモート結婚式を行いました。
Instagramにて当時の様子や内容について紹介してくださっています。

 

【式場】
ララシャンスガーデン東京ベイ

【中継先】
ハーバーテラス佐世保迎賓館

 

リモート結婚式を実施した経緯

元々は東京で100名ほどゲストを招待する予定だったそうなのですが、コロナ対策の関係上ゲスト数を減らさなくてはならなくなり、そこで系列店がある九州とリモート結婚式が出来ないかRioさんから相談したことが始まりだそうです。
Rioさんご本人からお話を伺う機会があり、その際にお話してくださった結婚式に対する想いというのもご紹介させて頂きますね。

「しばらくは続くであろうコロナ禍で
これまで同じ方法で結婚式を行うのは
難しいなと思っていました。
恐らく多くの花嫁さんも延期、中止にされており、
結婚式業界全体も落ち込みがあるかなと。
いまの状況の中でどうやったらゲストが参加できるか、
結婚式ができるかを考えたときに
思いついたのが2会場でのリモート結婚式でした!
ララシャンスでは、リモートは初の試みだったので
自分の結婚式を今後の花嫁さんのための実験台にするくらいの気持ちで実施しました!」

 

リモート結婚式の詳細

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝑅𝒾𝑜(@skrt1122)がシェアした投稿

【参加のタイミング】

  • 新郎新婦のお二人がいる東京での結婚式では、ゲストは挙式から参加。
  • リモート先の佐世保でのゲストは、披露宴からの参加。

挙式から中継することも可能だったそうなのですが、挙式と披露宴の間の時間が中継先の方では直接セレモニーに参加出来ず手持ち無沙汰になってしまうかもと考えられ、披露宴からの結婚式にしたそうです。

 

【ゲストの参加費用】

  • 東京では通常のご祝儀制、引き出物も通常の用意
  • 佐世保では会費制、引き出物なし

佐世保の場合、挙式からの参加ではなく披露宴からの参加ということで食事代の会費制にしています。そのため引き出物はなく、お土産+お見送りのプチギフトのみの対応を取られました。

 

【披露宴の様子】

  • 披露宴中は、常に各会場のモニターから相手側の式場の様子が見えている状態
  • 画面越しに佐世保のゲストとも集合写真を撮ることが出来た
  • 音声は東京→佐世保は届くが、佐世保→東京の声は聞こえない(その代り、新郎のご友人がカンペでコメントを見せてくれて対応してくれたそうです)
  • 食事のみにしてしまうとリモート先の佐世保組のゲストが暇になってしまうと考え、ゲームの演出をたくさん用意

 

【中継することで大変なこと】

  • 結婚式をする場所が2会場分になるため、会場使用料が2件分かかる
  • 中継使用料もかかる(金額的には遠方ゲストが多い場合、お車代と同額か少し多い程度)
  • 中継するため必要なシステムのアカウントなどの情報入力が2つ必要になるため、ネットが苦手な人には大変
  • ウェルカムスペースが2会場分になるため、アイテム用意などの結婚式準備が2倍になる

 

結婚式でのコロナ対策

Rioさんが結婚式で実際に行われたコロナ対策は以下の通りです。

  • ゲスト全員に個包装の不織布マスクを用意
  • 予備も入り口に用意
  • 使い捨てのマスクケースを全員分用意
  • 当日の芳名帳の記入ではなく、事前にゲストカードを記入してきてもらう
  • 各テーブルに飛沫感染対策として透明パネルを設置

 

実際にリモート結婚式を行った感想

Rioさんご本人のInstagramより引用

本当にやってよかった!!!!この一言につきます。
東京には行けないけど佐世保なら行ける!と言っていただけて、
ゲストの安心感を得られたのはすごく大きいです

また、普段の結婚式とは違った形式だったので、東京側のゲストにもすごく楽しんでもらえました。
(これは新郎友人のカンペ芸のおかげかもしれません)

佐世保ゲストからもリモートも良いね!とたくさん言っていただけました

会場同士の距離はすごく離れていますが、物理的な距離を感じないくらいすごく温かい披露宴になったなあと思います!

 

費用面や準備の手間など通常の結婚式よりかかってしまうリモート結婚式ではありますが、その分、ゲストとの繋がりを感じることが出来たようで、とても充実した結婚式を行うことが出来たようです。

 

3. 一つの手段として知っておくだけでも結婚式の実施に前向きになれる

一つの手段として知っておくだけでも結婚式の実施に前向きになれる

今回はリモート結婚式について詳しく紹介してきました。

コロナ対策で人数を減らさなくてはならなかったり、結婚式の実施自体悩まれる人が多くいると思いますが、このような新しい形の結婚式の方法を知るだけでも一つの選択肢を増やすことが出来、結婚式の実施に前向きになれることと思います。

今回ご紹介したRioさんのように結婚式を行ってよかったと思えるような、かつコロナ対策も出来る素敵な結婚式スタイルを見つけられることを心から願っています。

レアルークのキャンペーン情報

  • 該当する記事がありません。

ブログ・お知らせ