関東を中心にした写真・動画撮影会社 株式会社realuc blog

ブログ・お知らせ

ウェディングプランナーが伝える!! <br> 式場見学の前にしておくべきこと

ウェディングプランナーが伝える!!
式場見学の前にしておくべきこと

「プロポーズされた」「結婚の許しをいただいた」結婚が決まった皆様、誠におめでとうございます。
結婚式を挙げるか挙げないかは現在半々くらいと言われておりますが、今回は「結婚式をこれから挙げようと考えている」という方に対して、その前にしておくべきこと・考えておくべきことをお伝えしたいと思います。

 

プロポーズされた

 

目次
1. 結婚式は二人だけのものではない!?
2.いつ挙げる?
3.誰を呼ぶ?
4.予算はいくら?
5.場所はどこ?

 

1. 結婚式は二人だけのものではない!?

結婚式場に行く前に確認しておくべきこと、それは「両親への確認と了承」です。
結婚式は新郎新婦が主役ではありますが、主催、いわゆるホストは両親というケースが根強く残っています。
というのも、以前は両家の結びつきということで招待状の差出人が親御様でした。
現在では差出人が新郎新婦のみ、または両親との連名の形が一般的ですが、両家それぞれの結婚式に対しての考え方や、招待客の層、費用援助の有無など様々な理由により両親の介入があるため、新郎新婦お二人で勝手に進めてしまうと後々トラブルになりかねません。

結婚が決まったタイミングで、両親への報告も兼ねながら結婚式について相談しておくことをおすすめします。
なお、結納や顔合わせ食事会のタイミングが事前にあるのが一般的です。
その際に結婚式に対しての話が両家でできますので、両家のそれぞれの想いも聞いておくと両親が結婚式までに何をすればいいかという道筋も作りやすくなります。
両親の目線で考えると、初めて息子・娘が結婚式を行う場合、自分たちは何をすればいいかという不安を感じています。

例えば、
・親として初めて迎える結婚式が不安
・自分たちが挙げたときと形式が違うから不安(そもそも近年結婚式を体験していない)
・ゲストに対する礼儀についての不安

要は当日両親は何をすればいいかという不安です。
これにつきましては式場ごとの考え方や動き、指示がありますので打合せが始まった際には担当プランナーに確認してください。
顔合わせ食事会のタイミングでは、両親が何に対して不安を抱いているか、要望はあるかどうか等の確認をしておくといいです。

 

結納 結婚式「了承」につきましては、そもそも結婚することや結婚式を挙げることに対しての了承です。
基本的に挙げないでほしいと言う両親は少数派だと思いますが、このご時世ですので両親からの費用援助を考えている方は了承を取っておいた方が無難と言えます。

 

 

2.いつ挙げる?

結婚式はいつ挙げたいですか?
中には空いているところならどこでもいいという方も稀にいますが、ここが一番重要とも言えます。
というのも、式場サイドは見学に来た方に売ることのできる唯一の商品は「日程」のみです。魅力的な演出や美味しい料理はあくまで提案であり、その時に決定するものではありません。日程は不変的なものであり、そしてその日程を押さえるために一般的には申込金が発生します。
基本的に日程は早い者勝ちであり、その場所・その時間にできる結婚式は一つだけですので、納得いく日程・日取りで結婚式をするためには先に考えておいてください。
両親や家族、ゲストの予定の確認はもちろんですが、絞り込み方としては、

・春夏秋冬など季節で分ける
→基本的に過ごしやすいシーズンが好まれるため、春秋は人気です。
・その季節の中でNGな月・日を省く
→年末年始・GW・お盆・年度変わり・卒業入学シーズンなど
・土曜か日曜の希望はあるか
→二次会の有無や遠方から来るゲストのことを考えて
・六輝
→大安・仏滅などを気にするか、または気にするゲストがいるかどうか

曜日と六輝に特に強いこだわりがある方はなおさらで、春秋の土曜の大安というかなり条件的にもいい日程は早く売れる傾向があります。そもそも大安・友引にあたる土日は月に2~4日しかありません。
ですので式場見学後に慌てて考えるよりも、余裕を持って事前に考えておくことをおすすめします。
ちなみに、見学時期は式の9か月前~1年前あたりが多いのですが、特に希少性のある日程は早めに埋まってしまう可能性があります。
11月22日(いい夫婦の日)に代表されるような、語呂合わせ的にも良く、なおかつ曜日と日取りがいい場合は特に希望者が増えます。

 

3.誰を呼ぶ?

こちらにつきましては、どこまで呼ぶか式の形式により異なります。
一般的な結婚披露宴では職場・友人・親族ですが、地方では近隣の方を呼ぶことが多いのも特徴と言えます。
最近は親族のみの小規模の結婚式も増えていて、親族のみであればどこまで呼ぶか、両親に確認することが一番です。
多いのは「いとこ」をどうするかです。これは両家の考え方が地域性により異なる傾向があります。
カジュアルなパーティーであれば、友人がメインになるでしょう。お二人が誰を呼びたいかで式のスタイルが決まるとも言えますが、その後の予算組みという面でもある程度はっきりしているといいです。

招待状

 

4.予算はいくら?

式のスタイルや呼ぶゲストが決まったら、おおよその予算の検討が可能です。
ただこの時点では総額で〇〇〇万というよりも、負担金は〇〇〇万という形の方がベストです。
日本の結婚式は「ご祝儀」という形で成り立っています。それが結婚式離れの要因になっていることも事実ですが、呼ぶゲストがはっきりしているとご祝儀の目安が明確になってきます。
そのうえで両家の負担金はどのくらいまでなら大丈夫かを考えていくと、結婚式にかけることが可能な金額のMAXが出るはずです。ただMAXを結婚式にかける必要はありません。
行う形式により見積りも変わりますので、この時点では負担はここまでに抑えたいなくらいで構いません。
ちなみに最近は、祝儀制ではなく会費制の形式を選ばれる方も増えています。祝儀制と比べて簡略化したものも多いですが、会費制の場合はゲスト数×会費金額=祝儀になりますので、予算が組みやすいと言われています。

ウェルカムスペース

 

5.場所はどこ?

結婚式場を行うエリアについては、住んでいる場所がどこかによって大きく変わります。
全員が近場であれば、近くの式場なら負担はありません。ただ、お二人の実家が離れている場合話し合いが必要です。
例えば東京と大阪にそれぞれ実家がある新郎新婦の場合、式はどこで行うのがベストでしょうか?
あえて中間の愛知や静岡を選ぶ人は稀だと思います。どちらかに馴染みのある場所はもちろん、ゲストの片寄りはあるかどうか、長距離の移動が困難な年配ゲストはいるかどうかなど細かい確認も必要となります。
遠方者が多い場合は新幹線が停車する駅から近い場所や、駅からアクセスのいい場所が好まれます。地元で行う場合も、友人が挙げたところは避けたいなど、新婦様の心理面も考慮する必要があります。

happily ever after

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
結婚式という一大イベントを行うにあたって色々なことを考えていかなければいけません。
今回は式場見学の前にしておくべきことにテーマを絞りましたが、今回の①~⑤でいつ・どんな結婚式ができるかがある程度明確化されたと思います。

これから検討されている方は参考にしていただけたら幸いです。

レアルークのキャンペーン情報

  • 該当する記事がありません。

ブログ・お知らせ